犬の敵

キャンプする犬

キャンプ場では犬にとって危険な相手が現れたりします。
そして、犬にとって危険な食べ物も注意が必要ですね。

場所や季節を通して色んなシチュエーション別にご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



犬を怖がらない子供

キャンプ場では、小さな子供が走り回っている状況を良く見かけます。

子供達は追いかけっこに夢中なので他人のテントサイトにも平気で走り抜けて行きます。
そんな時に、犬の尻尾でも踏まれたら大変な状況になることもあります。
驚いた犬が子供に噛み付くことも考えられます。

その場合は普通の子供の日常での行為程度で驚いた犬を制御できなかった飼い主に対して重大な過失があるとみなされます。
実際にキャンプ場でテント撤収している際に木に繋いでいた犬が子供に噛み付いて飼い主に対し高額な(数百万)損害賠償請求が出された例もあるようです。

特に大型犬を飼っている方は気をつけましょう。

キャンプ場での犬と子供

近所の放し飼いの犬、野犬

キャンプ場は静かな田舎にあることが多いです。

そのような、のどかな場所ですのでキャンプ場の近くにお住まいの地元の方は犬を放し飼いにしている方もいます。

キャンプ場の周辺で犬と散歩していると近所の犬に追いかけられたり、夜にテント近くで吠えられたりしたこともあります。

そんな時は、持ち運びできるソフトゲージを利用したり、締め切ることのできるタープを使ったりして野犬から愛犬を守りましょう。

野犬と戦う愛犬

野生のイノシシ

場所によっては猪が多く出る地域もあります。
テントサイトがボコボコに掘り返されている場合はイノシシの出現率が高いと思われます。

普通、猪は人間を見れば逃げていきます。
しかし、出会い頭に猪と遭遇するとパニックになった猪に攻撃されることもあるので注意が必要です。

夜、『ブウ!ブウ!』とイノシシの気配がした時は、そっと猪に向けてライトを照らすと逃げていきます。

猪を興奮させないように注意しましょう。

猪と戦う愛犬

クマ

熊に出会ったら、どうしようもありません。
まず、静かに車へ避難しましょう。

そして、警察へ通報します。

犬が吠えて熊を興奮させないように注意するしかありません。

飛び出してきた仔熊

ダニ、ノミ、ムカデ、蛇(マムシ、ハブ)

野外には人間にも有害な害虫もたくさんいます。

害虫の多くは湿った日陰に多く潜んでいます。
木陰で涼しそうな場所を見つけても、一日中、日陰になっているような場所はダニが多く潜んでいる可能性がありますので避けましょう。
キャンプへ行く前には必ず【フロントライン】などのダニの駆除薬を犬に塗布してから出かけましょう。

テントを設営する場所は、午前中だけが木陰になるような場所がベストです。

枯葉の上なども、害虫が多いです。特にマムシは枯葉と同じ色なので注意が必要です。

ダニにやられた犬

食べ残した人間の食事

キャンプで食事をした後、酔っ払って食べ残しをそのままにしておくと愛犬が食べてしまう恐れがあります。
ダッチオーブン料理でよく使われる丸鳥料理も注意が必要です。
火を通した鳥の骨は割れると縦に裂けて尖ってしまうらしく、その状態で犬が飲み込むと腸を傷つけることもあるそうです。

他にもネギ類(タマネギ、ニラ)、カカオ類(チョコ、 ココア)、レーズン、ブドウ 、アボカド、キシリトール等が含まれていると犬は中毒症状を起こすことがあります。

なので、危険なゴミは犬に漁られないようにし犬の届かない場所へ保管してください。

犬には危険な鳥の骨

季節を通して犬との楽しい旅を応援しています!

夏場の海でのキャンプは毛皮を着ている犬にとっては苦痛です。
なるべく標高の高くて木陰の多い涼しいキャンプ場をおすすめします。

きれいな渓流で泳げる場所が近くにあればよりいいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

季節を通して犬との楽しい旅を応援しています!

夏場の海でのキャンプは毛皮を着ている犬にとっては苦痛です。
なるべく標高の高くて木陰の多い涼しいキャンプ場をおすすめします。

きれいな渓流で泳げる場所が近くにあればよりいいですね。

あと、渓流沿いは夜になると肌寒くなることも多いので体調の管理にはご注意を。

そして、冬の雪中キャンプでは、犬も子供も雪遊びで大喜びするはずです。

冬のキャンプでは、予期せぬトラブルも多く発生するので装備をしっかり整えて、防寒対策をしてください。

スポンサーリンク

関連記事