犬の留守番

キャンプする犬

キャンプの買出しでのスーパーマーケットや市場、日帰り入浴施設などでは犬は一緒に入ることはできません。
そんな時は、犬には自動車内で留守番をしてもらいます。

しかし、炎天下でエンジンをかけっぱなしでエアコンの効いた締め切った車内で留守番させておくのもちょっと不安です…

ここでは、犬の車内での留守番について考えてみます。

スポンサーリンク



トイレ休憩で数分の留守番

旅の途中でドライブインなどへトイレ休憩に立ち寄った時は、犬には車内で留守番してもらいます。

その際には、冬でも窓を閉め切った車内の温度はエンジンの熱と太陽の熱で高温になりますので、少しの間でも必ず窓は開けてから行きましょう。

窓を全開した車

一時間以上の留守番

夜間の場合や屋内駐車場に車を駐車できれば問題ないのですが、日中に温泉や外食、買出し等で長時間犬に車内で留守番させる場合を想定してみます。

陽射しが低くて車内へ太陽の光が差し込む場合はブルーシートを利用して陽射しを遮ります。

夏の場合は、なるべく日陰を見つけて駐車することを心がけ、もちろん窓は全開にしておきます。

そして、なおかつハッチバックも少し開けておくと安心です。

ブルーシートを利用して遮光

その際には、犬が車外へ飛び出さないように後部座席にリードを繋ぎ止めておきます。
あと、リードが絡まって犬が動けなくなたり、サイドブレーキが外れたりしないように注意しましょう。

二人いる場合は、どちらかが車で一緒に犬と留守番してもいいですね。
もしくは太陽が沈んでから、のんびりと温泉へ繰り出しましょう。

ハッチバックを開放して放熱

日陰場所での駐車時の留守番

駐車場で日陰を見つけることができたらラッキーです。

でも、太陽は時間と共に移動してやがて日陰ではなくなります。
万が一の事を考えて、窓やハッチバックは半分以上を開けておく事にしておきましょう。

犬が熱中症になるくらいなら、車上荒らしにあった方がましという考えですのでご了承ください。

 

季節を通して犬との楽しい旅を応援しています!

夏場の海でのキャンプは毛皮を着ている犬にとっては苦痛です。
なるべく標高の高くて木陰の多い涼しいキャンプ場をおすすめします。

きれいな渓流で泳げる場所が近くにあればよりいいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

季節を通して犬との楽しい旅を応援しています!

夏場の海でのキャンプは毛皮を着ている犬にとっては苦痛です。
なるべく標高の高くて木陰の多い涼しいキャンプ場をおすすめします。

きれいな渓流で泳げる場所が近くにあればよりいいですね。

あと、渓流沿いは夜になると肌寒くなることも多いので体調の管理にはご注意を。

そして、冬の雪中キャンプでは、犬も子供も雪遊びで大喜びするはずです。

冬のキャンプでは、予期せぬトラブルも多く発生するので装備をしっかり整えて、防寒対策をしてください。

スポンサーリンク

関連記事